ロゴ

事前申込方法

SCROLL

事前申込制の理由

西芳寺は昭和3年(1928年)より、庭園の一般公開を始めました。

庭園一面を覆う120余種の苔の美しさから「苔寺」の愛称で親しまれ、戦後には大佛次郎の小説『帰郷』の舞台となり、更には昭和30年(1955年)頃より巻き起こった庭園ブームを契機として、世界各国から多くの方々がいらっしゃるようになりました。

一方で、参拝される方々が増えるにつれ、徐々に「観光公害*1」が生じたことから、昭和45年(1970年)頃より各行政当局や近隣住民の皆様と種々対策を講じて参りました。しかし、抜本的な解決には至らず、当院としても、観光ブームに乗じて闇雲に参拝者を増やすのではなく、寺院本来の宗教的雰囲気を保ち、皆様に心静かにお参りいただきたいという願いがあり、昭和52年(1977年)より事前申込(往復はがき)による少数参拝制を実施することと致しました。

参拝者の皆様には庭園の拝観に先立ち、本堂での参拝にも参加いただいております。

*1 観光客増加に伴う、ゴミや自動車の排気ガスの増加、騒音や交通事故の発生等の問題

申込方法

この度、2021年6月より、直前の申し込みに限り、オンライン上での事前申込受付を開始いたします。

往復はがき
申込
オンライン
申込
〜手ぶらで西芳寺〜
受付期間 2か月前〜1週間前(必着) 1週間前〜前日
申込人数上限 1組5人まで
(それ以上は要相談)
1組2人まで
参拝冥加料・料金 1人 3,000円以上 1人 4,000円*2
お問い合わせ先 西芳寺 一般社団法人西芳会
(西芳寺の後援団体)

*2 西芳寺参拝冥加料、オリジナル筆ペン代及び諸費

往復はがきによる事前申込について

往復はがきによる事前申込について 参拝希望日の2ヶ月前より受け付けます。遅くとも1週間前必着で申込ください。但し、申込多数の場合や、法要のため参拝申込を受け付けられない場合は、ご希望に添えないこともございます。
  • 2019年6月1日より、参拝は中学生以上の方とさせていただきますが、年に数回、お子さま参拝を実施しております。詳細はこちらをご確認ください。
  • 祝日・休日に普通郵便の配達はございません。特に大型連休の場合、郵便事情により、配達が間に合わないケースがございます。お早目にお送りいただくか、速達をご利用ください。
    宜しければ、日本郵便(株)の公式サイトもご確認ください。
    https://www.post.japanpost.jp/question/56.html
  • 同じ御拠から多数の事前申込をいただいた場合、全ての申込をお断りする場合がございますので、予め御了承ください。
  • 事前申込内容に不備があった場合、申込を受け付けられない場合がございます。往復はがきの見本をもとに、もう一度送付前にご確認ください。
申込方法 ①往復はがきに参拝希望日(複数日可)、総人数、代表者の住所・氏名・電話番号を明記してください。尚、時間を指定した参拝はご遠慮いただいております。

②往復はがきが当院到着次第、お返事を差し上げております。

(往復はがき)
送付先
〒615-8286
京都府京都市西京区松尾神ヶ谷町56
西芳寺参拝係 宛
往復はがき往復はがき

オンラインによる事前申込について

オンライン申込~手ぶらで西芳寺~について

境内の自然環境を守るとともに、当院にお参りに来られた方が、静寂かつ雄大・幽邃な境内で、ご自身と向き合い、生きるうえで大切なことに気づいてもらいたいとの思いから、当院は1977年より44年間、往復はがきによる事前申込制を採用し、少数参拝を貫いてまいりました。
ただ、かねてより、先の予定を立てにくいため参拝が難しい、直近の日に参拝したくても間に合わない、といったお声をいただいていたことから、この度、2021年6月より、後援団体である一般社団法人西芳会の協力のもと、オンライン申込の受付を開始しました。 通常であればご持参いただく参拝証や、写経用の筆ペンの準備がいらず、「手ぶらで」当院にお参りいただくことができます。

また、これから参拝を計画される方が気軽に、かつ安心してお申し込みができるよう、当面の間お取消しや変更に際して費用はいただきません。

※受付期間は参拝希望日の1週間前から前日までです。それより先の日程は往復はがきでのみ承っております。

2020.3.3:2020年1月~3月の開催は終了しました。
次回以降の詳細については2020年10月頃に告知します。

@Akira Nakata
PAGE TOP