ロゴ

手紙で会おう。
おうちで写経。

STAYHOME
皆様の心が少しでも安らぎ、穏やかな日常を過ごす一助となりますよう。

詳細は以下をご確認ください。

手紙で会おう

概要

外出自粛が続く中で、会えないでいる親しい方々に向けて、心を落ち着けて手紙を書いてみてはいかがでしょうか。対面で会えなくても心がつながっているという実感が、先の見えない不安な現在でも日々を豊かに生きることにつながるかもしれません。

本キャンペーンにあわせて当院では特製ポストカードを作成しました。ご希望の方は以下申込方法よりお申込みください。5枚組特製ポストカードセットをお送りいたします。

ポストカードセットは無料です。
一回のお申込みにつき5枚組1セットとさせていただきます。

手紙を書く以外の目的でのお申込みはご遠慮ください。在庫も十分に用意しております。

申込方法

郵送のみで承ります。以下のものを同封の上、当院宛にお送りください。
・返信先のご住所とお名前を書いた「長形3号封筒」
・94円以上の切手(封筒に添付)

送り先
〒615-8286
京都市西京区松尾神ケ谷町56
西芳寺 信徒係宛

ポストカード
イメージ

注意事項

・お申込みいただいてから、到着まで10日ほど掛かります。
・お申込みにあたり、返信用封筒が入っていない場合や、切手がない場合等の申込み不備の場合は、返信が出来ません。郵送される前に不備がないかご確認ください。
・返信が届かない場合のお電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

おうちで写経

概要

当院では参拝いただいている方全員に、「延命十句観音経」を写経していただいております。ご自宅で過ごす時間が長いこの時期に、当院でゆっくりとお過ごしいただく時間を追体験していただけるよう、簡易版では御座いますが、写経の様式をアップロードいたしました。リンク先からダウンロードいただき、鉛筆又は細筆(筆ペン可)にて写経いただけます。

延命十句観音経

生きていると、「どうしても、どうにもならないとき」というのがやってきます。科学が目覚ましい進歩を遂げ、豊かになった現代では、そのように感じる機会自体が減ったので、いざ直面したときに「どうするか」が分かりにくくなっているかもしれません。
一つの解決策として「祈る」ということがあります。延命十句観音経は観音様にお祈りをするお経です。49文字の短いお経ですが、その一字一字を味わってみてください。内容を無理して理解しようとするのではなく、生涯をかけて意味を探してみると、人生の指針が現れるかもしれません。

写経用紙

こちらよりダウンロードください。推奨印刷サイズはA4です。

納経について

今回の取り組みはご自宅で簡単に写経に取り組んでいただくことに主眼を置いておりますが、どうしても西芳寺に納経をしたいというお声を多数いただきました。納経をご希望の方は、一枚につき志納料一千円以上を添えて、下記住所までお送りください。朝課・晩課の際に、本堂(西来堂)にてご祈願致します。

〒615-8286
京都市西京区松尾神ケ谷町56
西芳寺 写経係宛

西芳寺の想い

西芳寺では、1977年より往復はがきによる事前申込制にて参拝を受け付けております。 何でもオンラインで出来てしまう現代においては、不便で古風な方法かもしれません。

しかしながら、手紙には人の心が表れます。
当院はこれまで、皆さまがお申込みの際に添えてくださるあたたかいメッセージに幾度も心癒されて参りました。また、参拝者の方々からも、「申込の際に久しぶりに手紙の良さを感じた」とのお声を度々頂戴しております。

ご自宅で多くの時間を過ごす今。想いを手紙に込めて、大切な方に送りませんか。少し恥ずかしいけれど、面倒だけれど。送られた方の笑顔を想像して、自由に筆を走らせてみてください。
西芳寺は、『手紙で会おう』プロジェクトと題し、皆様の想いを届けるお手伝いをさせていただきます。

また、併せまして、日頃参拝の際にお書きいただいている写経用紙のデータ(簡易版)をアップロードさせていただきました。是非、ご自宅で心静かにお書きいただけましたら幸いです。皆様の心が少しでも安らぎ、穏やかな日常を過ごす一助となりますよう。

合掌

TOPページに戻る

2020.3.3:2020年1月~3月の開催は終了しました。
次回以降の詳細については2020年10月頃に告知します。

@Akira Nakata
PAGE TOP