ロゴ

冬の参拝

@Akira Nakata

冬の禅寺で何に出会う

ひんやりと澄んだ空気のなかで。

調身・調息・調心」

坐禅の基本であるこの禅語は、
自らを見つめ直すことを教えてくれる。

行く・逃げる・去る」
といわれるこの時季に。

ふと立ち止まった先で
何に出会うのだろう。

冬の参拝について

行基菩薩の開創から実に1,300年と、京都の寺院の中でも五指に入る寺歴を有す西芳寺ですが、庭園に苔が繁茂し始めたのはわずか200年前の江戸時代後期といわれております。現在「苔寺」として親しまれている当院ですが、参拝者の皆様には苔のみにとどまらぬ禅寺の冬の魅力を見つけていただきたいと考えております。

そこで、「冬の参拝」では庭園の拝観を行わず、本堂・西来堂をお参りいただくことと致しました。尚、冬の参拝は、「庭園を休ませる」ことにも繋がり、庭園の保守・管理の観点からも必要と考えております。

参拝当日は、期間限定で開門する「総門」から入山いただきます。
冬の参拝が始まるまで非公開にされていた参道には、しなやかに聳える杉木立と、堅牢に構える土塀とに挟まれ、静謐ながら張り詰めた時が流れています。
本堂・西来堂では、御本尊阿弥陀如来を囲む104面の襖絵全面をご覧いただきます。昭和の大画伯、堂本印象によるこの傑作は、通常は大半が非公開となっており、参道の古色蒼然とした雰囲気からは一転、日の目を浴びることを心待ちにしていたかのように、煌びやかで爆発的なエネルギーを持って参拝される方をお迎えします。

澄み渡る空気の中、忙しなく過ぎる日常から離れ、冬の西芳寺で一期一会のひとときをお楽しみいただければ幸いに存じます。

合掌
西芳寺

本堂・西来堂

応仁・文明の乱の戦禍により焼失した本堂・西来堂は、500有余年の時を経て、昭和44年(1969年)に再建されました。外観は平安期の寝殿風、内部は鎌倉期の書院風と、寺歴に鑑み2つの時代様式を折衷し、総尾州檜造りで建築されております。工期は3年3ヶ月を要し、工匠は延べ7,000人を動員。伝統建築を再現すべく、当時の建築技術の粋を集め完成しました。

一方で、本堂を彩る襖絵には、禅寺には珍しい極彩色の抽象画が描かれ、煌びやかで力強い空間を醸成しています。静的な本堂と、動的な襖絵の見事な調和に、守るべき伝統はまどわず守り、価値のあるものはためらわずに取り入れる当院の文化・歴史が集約されております。

御本尊には、阿弥陀三尊像を安置しております。1339年に中興開山した夢窓国師は、浄土宗から臨済宗へ改宗したものの、寺歴を尊び、禅寺にあっても、阿弥陀三尊像を残したといわれております。

西芳寺本堂写真

本堂・西来堂の襖絵

<遍界芳彩>を始めとした7つの画題で104面の襖絵が描かれています。作者である堂本印象が、80歳を目前にして構想に2年、制作に1年かけて取り組んだ自身最大規模の襖絵です。
本堂を彩る多様な表現の中で、伝統の打破を目指した印象の境地を、ゆっくりとお楽しみください。

襖絵の作者、堂本印象

堂本印象(1891-1975)は大正から昭和の京都画壇で活躍した画家です。当初は日本画家を志しましたが、敗戦をきっかけに西洋文化にも積極的に触れて、スケッチや油絵を描きました。
自らが経験してきた表現に飽き足らず、常に現状を超える表現方法の模索に生涯を捧げた印象は、「新造形」という抽象表現を確立し、新たな伝統を創り上げました。

参拝概要

はじめに

西芳寺の参拝には「事前申込」が必要となっております。
事前申込の詳細はこちらを御覧ください。

期間 2021年は終了致しました。2022年分は詳細決まり次第、アップ致します。
日時 以下スケジュールをご覧ください。
※開門日は緑の●印の通りです。
※13:00~14:00入場可能・15:00閉門です。 西芳寺参拝スケジュール ※1月1日(金)から1月11日(月)、並びに3/5(金)以降の参拝は参拝案内をご確認ください。
参拝冥加料 お一人様3,000円以上
参拝は中学生以上の方とさせていただきます。
※乳幼児を含み,小学生以下の方の同伴はご遠慮願います。
参拝内容 普段非公開の襖絵を含む本堂・西来堂を参拝していただきます。襖絵は全面104面に渡ってお出ししております。
※庭園の拝観及び写経体験は行っておりません。
事前申込はこちらから矢印

2020.3.3:2020年1月~3月の開催は終了しました。
次回以降の詳細については2020年10月頃に告知します。

@Akira Nakata
PAGE TOP